反復経頭蓋磁気刺激

rTMS

repetitive Transcranial Magnetic Stimulation

Q1. rTMS とはなんですか

rTMS(反復経頭蓋磁気刺激)とは、人体に無害な磁気を用いて脳の深部に直接刺激を与えることで、脳を活性化し脳機能を整える、アメリカで開発され注目を集めている最新のうつ病の治療方法です。rTMSは既にアメリカ・カナダ・オーストラリア・ヨーロッパにおいてうつ病に対する一般的な治療方法の一つとして普及しています。また、日本でも2017年に厚生労働省により薬事承認されており、2019年6月からは一部保険適用されるようになりました。現状では保険適用の範囲は限定的なものとなっており、当院のrTMS治療は自由診療でのみ実施しています。

Q2. rTMSはどんな治療方法ですか

うつ病の多くは、脳の左前方領域の機能が低下し、神経細胞間で情報を伝える神経伝達物質の分泌機能が低下しています。rTMSは、磁場を連続発生させるコイル装置を患者の頭部に当て、磁場の働きで生じた誘導電流が脳の神経細胞をつなぐシナプスを刺激します。磁場により脳を刺激することで血流を促進し、神経伝達物質の放出を促し、脳の働きが改善されます。副作用として、治療中に刺激部位に不快感等を覚えることがありますが、慣れると気にならない方がほとんどです。

Q3. rTMSはどんな症状に効果がありますか

rTMS治療は、既存の抗うつ薬による十分な薬物療法の効果が認められない18歳以上のうつ病患者に対して、効果的な治療であることが、海外の臨床試験で証明されています。

Q4. 当院のrTMSの特徴

当院では、θBurst刺激を特徴とする最新機器(スカイネット社TAMAS)を導入しています。椅子に座ってリラックスした体勢で治療を受けていただきます。薬以外の治療を希望される方、服薬治療による改善が乏しい方に大きな効果を上げています。個人差がありますが、平均で30回前後、早い方では10~20回の治療で効果が実感できる方もいらっしゃいます。

Q5. 治療にはどのくらいの時間がかかりますか。また、何回治療が必要ですか。

rTMSは、初回は医師の問診を含め約1時間、2回目以降は、約20分となっています。なお、週2-3回、計10回の治療を1クールとし、2-3クールの治療が効果的であり、当院でもお勧めしています。また、rTMSの治療中は、効果判定を含め、週1回の医師の診察(保険適応)をお勧めいたします。

Q6. 料金はいくらですか

下記のとおりです。
当院では、原則として、rTMS治療の効果がもっとも期待できる20又は30回コースをおすすめしております。

10回一括 48,000円(税別)
20回一括 75,000円(税別)
30回一括 110,000円(税別)